寒さの感覚の違い

台湾の冬は思ったよりも冷え込む。

この時期の台南は日中20度ほどあって日光があればポカポカとちょうど良い気温で、日本の春先みたいにかなり快適で、外出にはすごくおすすめです。暑くない台南っていうのはこの12月〜2月くらいの時期だけなので、とても貴重。夏の期間が長すぎるんですよねー。

そんな台南も冬は夜になると15度ほどになり、少し冷え込んでくる。寒波が来ちゃうと10度位になります。台湾の屋内には暖房がないのがほとんどなので、10度の気温で暖房器具がないっていうのはかなり身に堪えます。

バスや空港なんかはクーラーがかかってて、イジメか!?って思うくらい冷え込みます。(空調を切ると換気が悪くなるのでつけっぱなしにしているようです)

特に台南の人は寒さに弱い気がします。

文ちゃんも寒さにはめっぽう弱く、すでにもこもこになっています。

一緒に寝ている横で、僕は半袖にあたたかめのスウェットパンツを履いて掛け布団は夏用の物。

文ちゃんは全身もこもこで2人用掛け布団に包まって寒さを完全防衛。

 

今月末、文ちゃんと日本に少し帰国しますが、ぷるぷる震えまくるだろうなぁ〜。

Share

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *

CAPTCHA